スポーツで培った経験を、営業や人材育成で発揮。

学生時代はテニスの専門学校に通い、ゆくゆくはテニスのコーチ職に就きたいと考えていました。しかし、ケガの影響でその道を断念。その後、一般企業への就職を探る中で出合ったのが東京キリンビバレッジサービス株式会社です。私自身が昔からファンである「午後の紅茶」をはじめ、多様なラインナップの魅力的な商品を一人でも多くのお客様にお届けする仕事に、大きな魅力を感じました。さらに長年、スポーツで培った体力とマインドはもちろん、迅速な対応といった長所を現場で発揮できるのではないかと考え、入社を決めました。現在、仕事では、自動販売機のオペレーション業務と人材育成を中心に担当しています。オペレーション業務では、自動販売機の売上や最適な商品構成を個機ごとに把握し、それぞれの設置場所にあった自動販売機づくりを行っています。あわせて、商品のアイテム率などの帳簿も作成しています。人材育成業務では、職場での実務経験を通じて仕事を身につけるOJTなどで学んだ知識をさらに部下に指導し、インプットからアウトプットまでの作業をサポートしています。

人気スポットで、世界にキリンブランドを発信。

私自身が長男ということもあり、就職活動では地元での就職を第一に考えていました。現在担当するエリアは都内でも有数の観光スポット・皇居周辺です。年初には一般参賀、冬には東京マラソン、春には北の丸公園のお花見、夏には神田祭、秋には千鳥ヶ淵の紅葉など、メディアでも取り上げられるような場所ばかり。日本はもとより、世界各国からの観光客など、たくさんの方々と交流ができるエリアです。初めてお得意先に伺い、新商品の紹介やキャンペーンの案内をした際は、「キリンさん」と社名で呼ばれるだけで、お客様との距離感を少し感じていました。しかし、訪問回数を重ねるなかで徐々に呼びかけが「キリンの塚越さん」から「塚越さん」へと変わり、お客様との距離がぐっと近くなりました。こうして確かな信頼関係が築けたと実感できたときは、大きな喜びを感じました。

マネジメント力を高め、より求められるリーダーへ。

部下をもつ立場となって数年経った今、自身に課しているのはより一層、マネジメント力を高めることです。どのようにしたら一人ひとりの仕事へのモチベーションを高めていくことができるのか。また、どのような指示・指導であれば重要な情報が伝わりやすくなり、チームマネジメントが円滑になるのかなど、日々試行錯誤しながら意欲的に取り組んでいます。先輩や上司からは、よりよい組織づくりに向けてのアドバイスをもらいながら、今後のスキルアップにつなげていきたいと考えています。今後の目標としては、まずキリン商品をさらに多くのお客様に知ってもらい、キリンファンをつくることがあります。もちろん職場では、同僚や部下たちから信頼され、公私共に目標とされるようなリーダーとして成長していきたいです。そしてゆくゆくは、経営に求められる知識とスキルを身につけ、会社全体の経営に携わることが、大きな目標です。

テニスも、野球も、ゴルフも満喫!

休日は、テニスや野球、ゴルフ、フットサルなどの趣味のスポーツを友人たちと楽しんでいます。また、娘たちが喜ぶスポットへ家族団らんでドライブや旅行へ行くこともしばしば。毎年夏の長期休暇には、親や姉家族も誘い、皆でキャンプに行っています。

HOME  >  社員インタビュー・INDEX >  東京キリンビバレッジサービス株式会社 中央営業所 塚越基晴

北海道キリンビバレッジサービス株式会社

キリンメンテナンス・サービス株式会社

株式会社函館ダイイチベンディング

東海ビバレッジサービス株式会社

仙台キリンビバレッジサービス株式会社

関西キリンビバレッジサービス株式会社

東京キリンビバレッジサービス株式会社

株式会社キリンビバックス

中部キリンビバレッジサービス株式会社

Copyright (C) KIRIN BEVERAGE VALUEVENDOR Co.,Ltd.All right reserved.